予定管理にはスケジュールソフトが最適|使用目的を知ろう

無料で導入可能な面接手法

面接

アカウント一つで面接可能

世界中でインターネットが発達した現代において、多くのサービスが無料で活用できる時代となりました。普段メッセージのやりとりをチャット形式のアプリを使って行う人も多く、無料でチャットから電話まで利用出来るようになりました。そんな無料のツールを使って、企業とその企業へ応募している候補者との面接を行うケースが増え、お互い無料ツールを使うだけで面接が可能となりました。特にすぐに企業まで足を運ぶ事が難しい人の場合には、このビデオ面接を行う事でお互いの場所は関係なく面接が出来ます。インターネット回線を使ってビデオ面接を行うだけですので、自宅のパソコンやスマートフォンで簡単に話す事ができ、アプリを使う手法も人気となっています。無料で誰でも利用ができ、アカウント一つ作るだけで構いませんので、企業にとっても候補者にとっても面倒な手間をかける事がなくなるでしょう。ビデオ面接を行う場合、ネット環境を確認しておき、事前に相手のIDを聞いておきましょう。そのIDへ時間となれば電話をかけるだけで、お互いの顔を見ながら面接を進める事が出来ます。しかしネット環境や電波の状況によってはお互いの顔がしっかりと見えない事もありますので、ご自身だけではなく相手のネット環境も事前にしっかりとした準備をしてもらう事をお勧めします。ビデオ面接でまずは1次面接を行い、最終面接は実際に企業へ来てもらう事で、1次面接の時間と手間を大きく削減できる事でしょう。