中性脂肪を減らす成分

コップを持つ手

血液がドロドロになる理由はいくつかあります。血液の主成分ということができる赤血球も血液の状態に関係しているので、赤血球について状態を知ることで血液サラサラにすることができます。
血液がサラサラの状態やどろどろの状態では、天地の差があります。赤血球は、寿命が短いです。寿命が長いものでも4ヶ月から5ヶ月になります。人間の身体は常に進化しており、細胞が新しくなります。そのおかげで常に新しい赤血球が血液として存在しています。

血液サラサラにすることが出来成分として青魚に含まれているDHAやEPAなどがあります。青魚には、豊富に含まれているので、中性脂肪を下げることができる効果があります。また、EPAは、エイコサペンタエン酸でDHAは、ドコサヘキサエン酸になります。これらの成分は、多価不飽和脂肪酸と言われており、善玉コレステロールを増やして中性脂肪を原書させることで悪玉コレステロールを減らす働きをしてくれる優秀な成分になります。

青魚の中でもイワシやアジ、サバ、サンマなどの日本の食卓に並ぶような魚に多く含まれているので毎日食べることができます。また、EPAやDHAは、熱に弱い特徴があるので、調理方法を考える必要があります。
お刺身でたべることが理想ですが、青魚は、鮮度がすぐに落ちてしまうので早めに食べる必要があります。そういった食べる際の手間などが間際らしい方は、健康食品やサプリメントなどで上手に成分を取り入れることで血液サラサラにすることができます。